空港内で働く

看護師の活躍の場は、最近では病院だけでなく一般企業だったりレジャー施設だったりと多様性に富んでいます。少子高齢化社会で病院にかかることの多い層が増えるにも関わらず、医療を与える層が少子化の影響で少なくなっている中でも、その需要は多くなってきています。そして、最近看護師に人気の就職先として空港があります。なぜ空港に看護師なのかというと、色々な人が利用する空港では当然体調不良を訴える人もいます。その時空港内にある医務室に運ばれるのですが、そこで処置にあたるのが空港内で働く看護師です。体調不良を訴えやってくる人の対処はもちろん、必要に応じて病院に搬送するかの判断をしたりもします。空港なので訪れる人が日本人だとは限らず、外国人の場合もありますが、その時にも本人からどういった症状が出ているのかということを聞き出したりする能力も必要です。したがって、空港で看護師として働くには、英語が出来ることは必須条件であります。もちろん、看護師としての知識や経験も必要になりますから、空港内で働く看護師は人気があるとは言え中々出来るものではありません。また、24時間開いている空港は夜勤もあります。病院勤務でも夜勤あるのでそこは特別問題があるとは言えませんが、夜勤があるかもしれない仕事なのに人気のある職場なので、やはり他にはない魅力があるのでしょう。一番の魅力としてはやはり色々な人と関わることが出来る、触れ合えるということではないでしょうか。それから、空港というとかっこいい感じがしますよね。そういった新鮮な空気の中で働くことで得られる経験というのも、有意義なものなのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です